涌井選手と青木選手

球団の顔として知られている、
スワローズ23青木宜親選手ライオンズ16涌井秀章選手
この二人は北京オリンピック日本代表として活躍してましたね。

青木選手は4年生の時に早稲田大学でリーグ首位打者を獲得。
その翌年、ヤクルトにドラフト4位でプロ入り。
1年目は2軍で首位打者。
2年目は1軍で活躍しイチロー選手以来史上2人目200本安打を達成。
3年目には盗塁王も獲得。
球界を代表する安打製造機として成長しています。

涌井選手は高校時代、二年生ながら背番号10でセンバツに出場し準優勝。
翌年3年生でエースとして神奈川大会を優勝し甲子園出場。
プロ1年目は松坂以来の高卒新人開幕1軍。
2年目は大洋ホエールズの石井(琢)投手と谷繁捕手以来、
17年ぶりの10代バッテリーでの勝利(キャッチャーは炭谷捕手)。
3年目は17勝をあげ、最多勝投手になりました。
高校時代から松坂二世と呼ばれ、
9回を過ぎても140匕緘召播蠅欧蕕譴襯織侫優硬蠎蠅箸靴董
球界を代表する若きエースです。

青木選手の「野球への一途な思い」涌井選手の「誰にも負けない練習をする」

この二冊はローリングスが配信してるサイト、「俺たちのマンガ」の、
パンフレット版です。
このパンフレットは店頭に置いてあり、僕も読みました。
二人とも、ものすごく野球が好きなんだなと分かるマンガでした。
こんな凄い選手になるには、努力が必要だなと、あらためて感じさせられました。
みなさんも来店して、ゼヒ読んでみてください!


カテゴリー一覧

店舗スタッフ紹介

        

ゴリブロ 記事検索

気になるキーワードを入力し、記事をお探しください。
例).オーダーグラブ/オーダーユニフォーム

お知らせ



外部WEBサイト