【PC向け】スパイク・イチローモデルアーカイブ



アシックスさんより、歴代イチローモデルスパイクをお借りして、展示しています!'09/1/31までです!上の写真、'08モデルは実際にイチロー選手が履いたもの。サインも入っていて使用感がバリバリ伝わってきます。

それではイチロー選手のスパイクを見ていきましょう!



'07モデルはイチローモデルの中で最も軽い、約260グラム(片足重量)だそうです。マラソンシューズの軽量素材を採用しています。


両サイドのネイビーの流線型は、「ロケット」をイメージし、力強さとスピード感をアピールした'06モデル。


05'モデルはかかと両サイドに、シルバーを配して「翼」をイメージ。さらなる飛躍を表現しています。チタン材の「スパイダークロウ」、軽量化を追求した「ライトハニカムソール」など、軽量化とハイグリップを追求しています。イチロー選手の評価が高かったモデルのようで、素材は'06モデルへ踏襲されているそうです。


メジャー最多安打記録という偉業を達成した、'04モデル。紐通し部分をループ状にする事で、甲部分の凸凹を少なく仕上げ、フィット性を高めているそうです。


金具を鉄から比重の軽い「チタン」に変更した最初のモデル。現在のモデルのデザインはこの'03モデルから受け継がれているようです。


軽量化の為に肉を削ぎ落としたライトハニカムソールを初めて搭載したのは、この'02モデル。メジャー2年目のこの年も200本安打を達成しました。


新形状金具・スパイダークロウを初めて採用した、メジャー1年目の'01モデル。軽量化のためにメッシュ素材を多用したアッパーデザインになっています。


かかと部分にクッションを持たせた「V2ソール」を使用した'00モデル。革底スパイクに本格的な衝撃吸収性能を持たせたモデルです。


当時はまだ珍しかったクォーターカットの'99モデル。足とのフィット感・足の保護に一役買っています。


グリップ力とクッション性能の融合した、「F2ソール」を採用した'98モデル。踵部の金具が2本だったり、アッパーにメッシュ素材を多用したり、軽量化の追及はこのモデルから始まっています。初めてのイチロー選手オリジナル仕様スパイクです。


カテゴリー一覧

店舗スタッフ紹介

        

ゴリブロ 記事検索

気になるキーワードを入力し、記事をお探しください。
例).オーダーグラブ/オーダーユニフォーム

お知らせ



外部WEBサイト